スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政改革法最終案、亀井氏「民業圧迫」に反論(読売新聞)

 亀井郵政改革相と原口総務相は24日午前記者会見し、「郵政改革法案」の最終案を正式発表した。

 ゆうちょ銀行への預入限度額は現在の1人当たり1000万円を2000万円に、かんぽ生命保険への加入限度額は1300万円を2500万円にそれぞれ引き上げる。日本郵政と郵便局会社、郵便事業会社を統合した新たな親会社の傘下にゆうちょ銀行とかんぽ生命保険を置く体制となる。親会社に対する政府の出資比率と、金融2社への親会社の出資比率はいずれも3分の1超とする。

 政府は4月中旬をメドに法案を策定し、今国会に提出する。施行は2012年4月が有力だ。政府の保有株については売却の可能性や時期を法律に明記するかは今後の検討課題とした。また、預入限度額などについては、預金や保険の動きを見ながら、法律の施行時に再度検討する。

 記者会見で亀井郵政改革相は、親会社への出資比率を事業譲渡など重要案件への拒否権を持つ「3分の1超」としたことについて、「政府の関与は必要だが、過度に関与すると日本郵政の自主性が損なわれ、活力が失われる危険性がある」と指摘。限度額の引き上げについては「民間(金融機関)に限度額はない。日本郵政の限度額を1000万円に縛るのはむちゃな話だ」と述べ、民間金融機関による「民業圧迫」との批判に反論した。

 また、金融2社の窓口業務を受託する郵便局に対する金融庁の検査・監督は、一般銀行より緩和する。日本郵政グループ内の取引によって生じている500億円規模の消費税については、法律で免除する方向で検討している。

保助看国家試験の合格者を発表―保健師と助産師の合格率が2ケタ台の減少(医療介護CBニュース)
上野駅で線路に会社員突き落とす 殺人未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
<脱税>「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監(毎日新聞)
スポンサーサイト

女児にわいせつ行為、米国人の69歳男起訴(読売新聞)

 福岡地検は25日、女児にわいせつな行為をしたとして、英会話学校を経営する米国人の男(69)を婦女暴行罪で福岡地裁に追起訴した。

 捜査関係者によると、男は数年前、自宅で、女児にわいせつな行為をした、としている。

 男は今月上旬、別の女児をビデオカメラで撮影したなどとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反で起訴されていた。福岡県内で英会話学校と気功教室を開いており、十数年前から40人以上の教え子に性的暴行を繰り返したとみられる。

 男は「法に触れることはわかっていたが、子供たちの将来の性生活のためにやった。悪いとは思っていない」と供述しているという。

わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万(読売新聞)
乳児揺さぶり殺害、孤立した育児「ひとごととは」(読売新聞)
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会(医療介護CBニュース)
<郵政改革>消費税減免「聞いてない」…菅財務相(毎日新聞)
<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)

首相、普天間継続使用に含み…有事対応で(読売新聞)

 鳩山首相は24日午前の参院予算委員会で、沖縄県の米軍普天間飛行場について、移設が実現した場合でも、有事の際は同飛行場を継続使用する可能性に言及した。

 自民党の舛添要一氏が「有事の際も(普天間を)使わないのか」とただしたのに対し、首相は「安全保障の観点から有事を想定しておかなければならない。いろいろ選択肢を考えている」と述べた。

 また、首相は「返還が第一義的に重要だとの認識を持っているが、一番大事なことは(周辺の)危険性の除去を急ぐことだ」と語った。

 これに先立ち首相は同日朝、普天間飛行場移設問題に関し、首相官邸で記者団に「3月いっぱいには政府案をまとめると約束するし、それをもって米国にも理解を求め、沖縄にも理解を求める」と述べた。

派遣法改正案を閣議決定=製造業派遣を原則禁止-政府(時事通信)
<離任式>岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要-仙谷国家戦略相(時事通信)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構-国交相
<火災>住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子(毎日新聞)

衆院外務委員会参考人質疑(斉藤邦彦元外務事務次官意見陳述)(産経新聞)

 【核密約】抄録(3) 

 斉藤邦彦元外務事務次官「公表されたいわゆる密約に関する有識者委員会報告、外務省調査チームによる報告書を読みました。多大の時間と労力を費やし、報告書をまとめられた北岡(伸一)先生をはじめとする有識者委員会の委員の方々、外務省調査チームのメンバーの方々に、せんえつですが、深い敬意を表したい。

 有識者委員会の報告は4つの項目について検討をしておられる。それぞれの項目について意見、感想を申し上げたい。

 1番目は核搭載艦船の一時寄港の問題です。この問題について、何が持ち込みであるかという点について、日本と米国の間に領海の差が存在していると思っていた。直接のきっかけとなったのは、昔の国会議事録を読んだことです。1つは昭和43年4月17日の衆院外務委員会における三木(武夫)外務大臣の答弁です。有識者委員会報告書の24ページの脚注にも引用されています。三木外務大臣は『核兵器を常備している軍艦の航行は無害通航とは考えない。従って、これを拒否する権利を留保する』という趣旨の発言をしています。

 もう1つの議事録は、昭和43年3月12日。衆院予算委員会での三木外務大臣の答弁で、『領海をさっと通り抜けることは無害通航であって、事前協議にはかからない』という発言をしている。この1カ月の間で、領海通過に関する日本政府の立場ですが、明らかに変わっていたわけです。これを米国側に相談をした形跡はありませんので、日本政府が一方的に認識を、理解を変更したということです。

 私は日本国内の強い反核感情、それから米国の核抑止力に日本の安保は最終的に依存しているという安保体制全体、それから核の存在は肯定も否定もしないという、いわゆる『NCND』政策。これらの要素を考慮した政治決断であった。これに対して米政府側から抗議があった形跡はございません。これは米国側におきまして、日本側の強い反核感情を理解し、この辺を追求すれば、日本政府を窮地に持ち込む、日米安保体制にも深刻な悪影響を与えるという判断のもとに、日本政府が何も言わないという、これまた高度の政治判断をくだした結果であったと思っています。

 2番目は、朝鮮半島有事と事前協議という問題です。私は当時、まだ1959年、60年当時、朝鮮の停戦からまだ7年しかたっていないわけで、朝鮮情勢に対して米国は強い危機感を持っていたと思います。万一の場合は、一瞬の遅滞もなく出動していく必要がある。そのためには日本の基地からの出動も行うという、その権利を確保しておく必要があるという強い希望があったと思います。

 事前協議制度というのは、米軍の行動に対して日本政府が一定の発言権を持つという新しい仕組みですから、朝鮮有事に関しては、そういうことに拘束されることなく直ちに行動に移れるという了解を確保したいというのが米国の立場だったと思います。日本政府は当時の情勢にかんがみまして、このような米国政府の要求を十分に理解し、これに応じたということであろうと思う。

 なぜ、非公表にしたかということについては、私の推測に過ぎませんが、少なくとも大きな理由の1つは、そのような合意文書を公表すれば、北朝鮮、中国を無用に刺激することになるので、それを避けたいと判断されたのではないかと考えます。

 3番目は、沖縄返還と有事の核再持ち込みです。私は若泉さんの本が出ましたとき読みましたが、当時から総理大臣ではあっても、政府の職員でない方を使って協議をして、署名をされ、その文書はまた外交当局には見せないという合意は政府、あるいは国を拘束いたします、いわゆる国際約束にはあたらないのではないかと考えていました。

 ただ、いま申し上げることは、いわゆる『朝鮮議事録』といわれているものが意味のない文書だったということではまったくなくて、佐藤総理大臣としての非常に重要な政治的な決定であったと思います。総理大臣として、沖縄の核抜き返還という至上命令をどうしても実現するためには、こういう約束が必要だといく判断をされて、もし有事の際、米国から沖縄への核の再持ち込みの要求があれば、総理大臣としてそれにイエスという約束を米国に与える。これが沖縄の核抜き返還の実現のためには必要だという判断のもと、政治家としての判断をされた結果がこの文書であったと思っています。

 いずれにしても、この文書は、有識者報告書にも書かれていますが、1969年の佐藤・ニクソン共同声明、および総理大臣の演説によりまして、朝鮮有事の際、事前協議があれば日本政府は前向き、かつ速やかに対応するという合意に変わったと理解しています。

 4番目。沖縄返還と原状回復補償費の肩代わりについてですが、私はその問題にかかわったことは1度もありません。従って、私の知識は、新聞、雑誌あるいは本を読んだ結果の知識にとどまっていましたが、今度の有識者委員会の報告を読みまして、こういうことであったのか、と理解したのです。

 最後に、有識者委員会の報告書は、外交文書の管理と公開についても検討を加えておりまして、審査の遅れと公開の不十分さについて、ご批判をされています。かつて外務省の職員だった人間として、このご批判は残念ながら的を射たものだと考えざるをえません。資料はなにぶんにも膨大でして、それに携わる人員が不十分です。弁解になって申し訳ないが、審査の遅れがあるのは事実だと思います。それから公開が不十分だという点につきましては、われわれの審査はどうしても安全サイドに立ってしまう。疑わしいときは公開しない、という結論になることが多い、多かったと思います。

 今度、外務大臣を本部長とする文書の管理、公開についての検討委員会ができたそうですけれど、誠に時宜を得た適当な措置ではないかと考えています」

【関連記事】
核密約文書後任に引き継ぎ、情報公開法時意図的破棄を示唆 東郷元条約局長
日米核密約証言の村田氏「密約は当然。非核三原則も廃止すべきだ」
村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言
核密約を追認?否定? 鳩山政権の「軽さ」象徴
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ

両親口論、長女刺され死亡=母も負傷、海上に父の遺体-大分(時事通信)
<原研機構>もんじゅ安定まで理事長を特例再任(毎日新聞)
<2歳児連れ去り>57歳容疑者を逮捕…警視庁(毎日新聞)
<パ・リーグ>開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も(産経新聞)

「すり寄りではない」子ども手当合意で公明幹事長(読売新聞)

 公明党の井上幹事長は12日の記者会見で、「子ども手当」「高校授業料無償化」の両法案について与党と修正で合意したことについて、「政党は政策実現に努力することが使命だ。積極的に提案し、政権が受け入れるのであれば、協力して実現することがあってしかるべきだ」と述べた。

 その上で、「(与党への)すり寄りとの批判はあたらない」と強調した。

 公明党は昨年の衆院選で、子ども手当などを批判した経緯がある。11日の党中央幹事会では、衆院選で落選した複数の前議員から「政策として不適切だ」「支持者にどう説明するのか」などと異論が続出。党本部にも、「100本以上の問い合わせの電話やメールがあった」(党関係者)という。

 今回の対応については、「参院選を考えたら、反対しづらい法案。賛成する理由作りに修正協議を持ちかけた」と「賛成ありき」だったことを認める声が党幹部からも出ている。

<山手線>酔ってホームから転落…電車通過、けがなし 上野(毎日新聞)
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ(医療介護CBニュース)
<文京区長>育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
冥福祈り再発防止誓う…東武線踏切事故から5年(読売新聞)
橋下知事「東京には行きたくない」(産経新聞)

【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(4)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)

 ■人なつこっくて、恩を忘れず…ペルーの人々に完全に魅せられた。

 --今や半分ペルー人ではないかというほどペルーにとけ込んでいらっしゃいますが、そもそもアンデス文明に興味を持たれたきっかけは

 関 もとは全然違うことに興味がありました。修士論文は「日本神話とモンゴルの英雄叙事詩の比較」でしたから。

 --それが、なぜ?

 関 今から30年ほど前になりますが、東大在学中にアンデス調査団が出ることになって、恩師から「何の義務も与えないし、金も全部出すから行かないか」と誘われました。そのころはペルーへの往復代が65万円の時代で、学生の身分で行ける所じゃない。すぐに雪山でスキーをする自分の姿を想像して、行くしかないって。

 --軽いノリで

 関 そのはずが、行ってみるととても肌にあった。人なつっこくて人の恩を忘れない、人間味あふれる人たちに完全に魅せられました。たまに泥棒にやられたりして悔しい思いもしますが、それも人間味の一つといいますか。

 --子供時代は

 関 歴史が大好きでした。東京生まれの東京育ちですが、父が大阪に単身赴任していたので、中学生のときから1人で新幹線に乗って、父の家から奈良や京都に通って仏像や庭をみて回っていました。

 --珍しい子供ですね

 関 変な子、っていわれてました。

 --考古学者になりたかったのですか?

 関 何でもいいから学者になりたかったです。昆虫学者、天文学者、歴史学者。その時々でいろいろと違いましたけれど。

 --虫も星もお好きだったんですか

 関 小学校の先生に「どんな虫を知ってますか?」と聞かれて「アオバアリガタハネカクシ」なんて答えるかわいげのない子供でした。上野にあったプラネタリウムによく通って、今でもパンフレットをとってあります。

 --学者になる夢はかないましたね

 関 そうですね。やはりフィールドワークは楽しいです。現地にいるときと、民博にいるときとは全然顔が違うといわれます(笑)。

 --民博でのお仕事について教えてください

 関 はい。民博は、国内の学者同士や、日本と世界の研究者とを結ぶ“ハブ”のような役割をしています。なのでシンポジウムやワークショップがしょっちゅうありますし、共同研究を立ち上げたり、他の研究者のプロジェクトを支援したり。常に複数のプロジェクトにかかわっているので、土日はほとんどつぶれます。

 --お忙しいのですね

 関 年中追いまくられています。ペルーにいるのは毎年6月末~9月末の3カ月ほどで、帰ってからも向こうの役所に出す辞書1冊分くらいの調査報告書をまとめたり、論文を書いたり、やることは山ほどあります。その合間をぬって国内外の学会で発表し、講演に呼ばれ、資金調達のために膨大な書類を書き…。日々こんな生活です。

 --考古学なんて、インディ・ジョーンズみたいで優雅ね…といわれることもあるとか

 関 たまにいわれますねえ。でも実際はそんな華やかな世界じゃないわけで。ずっと悩み続けてきたのは、自分の趣味だけの世界に閉じこもるのではなくて、趣味のようなことをやりながら、いかに世界とつながりを持つかということなんです。

 --そのあたりが、現地の人と一緒に遺跡を「活用」するという、先生のライフワークにつながるのですね。最後にぜひ、そのお話を聞かせてください(聞き手 杉村奈々子)

【関連記事】
次女挙式にフジモリ氏参列 収監先の警察施設で
南米の地震で日本への津波の影響 過去に5回 チリ大地震
「ナスカの地上絵」遊覧飛行機が墜落、7人死亡 ペルー
バス同士が正面衝突、38人死亡55人負傷 ペルー北部
男女140組がバレンタインデーに同時挙式 ペルー
20年後、日本はありますか?

「国会の居眠り王」=自民・森氏、菅財務相を批判(時事通信)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構-国交相(時事通信)
山口彊さん偲ぶ会 長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職-東京地裁(時事通信)
資金不正流用 ローソン子会社元幹部2人を告訴(産経新聞)

首相動静(3月11日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時38分、公邸発。「おとといの川端文科相との会談で、朝鮮学校を高校無償化の対象とすることを決定したか」に「そんなこと全然決めていない」。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
 午前9時44分、執務室を出て特別応接室へ。同45分から同56分まで、吉川広和DOWAホールディングス会長に行政刷新会議議員の委嘱状交付。枝野幸男行政刷新担当相、平野博文官房長官同席。同57分、同室を出て執務室へ。
 午前9時58分、枝野行政刷新担当相、大塚耕平内閣府副大臣、加藤秀樹行政刷新会議事務局長が入った。同10時16分、枝野、加藤両氏が出た。同39分、大塚氏が出た。
 午前10時40分から同56分まで、滝野欣弥官房副長官。
 午前10時59分、古本伸一郎財務政務官が入った。同11時1分、中尾武彦財務省国際局長が加わった。同4分、丹呉泰健財務事務次官が加わった。
 午前11時40分、全員出た。
 午後0時8分、執務室を出て首相会議室へ。同9分、菅直人副総理兼財務相、仙谷由人国家戦略担当相、平野官房長官と昼食。
 午後0時49分、全員出た。同50分、首相会議室を出て官邸発。同52分、国会着。同53分、衆院本会議場へ。同56分から同58分まで、前原誠司国土交通相。同1時から同1分まで、小沢鋭仁環境相。同2分、衆院本会議開会。
 午後1時45分、衆院本会議散会。同46分、衆院本会議場を出て、同47分、国会発。同49分、官邸着。同50分、執務室へ。
 午後3時2分から同35分まで、三谷秀史内閣情報官。
 午後4時29分、小沢環境相が入った。
 午後4時39分、松野頼久官房副長官が加わった。同55分、仙谷国家戦略担当相、松井孝治官房副長官が加わった。
 午後5時11分、松野氏が出た。
 午後5時20分、小沢、仙谷、松井各氏が出た。同21分、執務室を出て、同22分、南会議室へ。同23分から同29分まで、報道各社のインタビュー。「首相になって半年たつが変わったところは」に「野党時代に比べて意思決定における責任感の大きさを強く感じるようになった」。同30分、同室を出て執務室へ。
 午後5時40分、執務室を出て特別応接室へ。同41分から同6時7分まで、中国の唐家セン前国務委員が表敬。同8分、同室を出て大会議室へ。同9分、行政刷新会議開始。
 午後7時7分、行政刷新会議終了。同8分、大会議室を出て閣僚談話室へ。同12分、同室を出て、同13分、小ホールへ。同14分、地球温暖化問題に関する閣僚委員会開始。
 午後8時、閣僚委員会終了。同1分、小ホールを出て、同2分、執務室へ。
 午後8時3分、長妻昭厚生労働相が入った。同8分、平野官房長官が加わった。同11分、仙谷国家戦略担当相が加わった。同12分、菅副総理兼財務相が加わった。同14分、平野氏が出た。
 午後8時59分、菅氏が出た。
 午後9時7分、長妻、仙谷両氏が出た。同9分、執務室を出て、同10分、官邸発。同11分、公邸着。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
<ニュース1週間>日米密約「あった」/文京区長、首長で初の育休/茨城空港が開港(毎日新聞)
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相「教科内容で決めず」(産経新聞)
兵庫県副知事に総務省の金沢氏起用へ (産経新聞)
JAYWALK中村容疑者逮捕=覚せい剤所持容疑-警視庁(時事通信)

加藤被告に手紙を返信した被害女性「私たちのことを知ってほしい…」(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第5回公判】(13)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)に刺され、約3カ月の重傷を負った女性被害者Gさんに対し、弁護側の反対尋問が始まった。弁護側はまず、加藤被告のトラックが交差点に突っ込んだ際のことについて質問する》

  [フォト]前面がでこぼこに…犯行に使われたトラック

 弁護人「交差点を渡り終えてた時点で『ガシャン』という音が聞こえたということですが、すぐにその方向に振り向いたのですか」

 証人「はい」

 弁護人「そのとき交差点にトラックが走ってくる様子は見えました」

 証人「見えませんでした」

 弁護人「そのとき一緒にいた友人とは何か言葉を交わしましたか」

 証人「交わしていません」

 弁護人「あなたは振り向いてから走り出したということですが、すぐに走り出したのですか」

 証人「友人を置き去りにする形で走り出しました」

 弁護人「事件現場交差点では男性が転がってくる様子が目に入ったのですか」

 証人「はい」

 弁護人「トラックにはねられているところは見ていないのですか」

 証人「見ていません」

 弁護人「何かの反動で転がっている様子でしたか」

 証人「何かにはじき飛ばされたという感じでした」

 弁護人「その後、あなたはベージュの上下をきた男性(加藤被告)が目に入ったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「男性は警察官の後ろに立っていたのですか」

 証人「最初は警察官から距離のある位置で見えました」

 弁護人「男性はどちらの方から来たのですか」

 証人「来るところは見ていません」

 弁護人「男性に気づいたとき、男性はどの辺りにいましたか」

 証人「神田明神通りから現場の交差点に入ってくるように見えました」

 弁護人「最初、見たときは交差点の内側でしたか、外側でしたか」

 証人「何となく横断歩道のあたりにいたと思います」

 《弁護人は、警察官が襲われるのを目撃したというGさんの証言を、細かく検証していく》

 弁護人「男性は警察官のところまで、どのように近づいていきましたか」

 証人「走っていたかどうかは定かではないが、まっすぐにスピードがあるように見えました」

 弁護人「男性が動いている様子を見ていたのではないのですか」

 証人「私が見たのは男性が警察官から2、3歩離れたところにいたときからです」

 弁護人「あなたから警察官の距離はどのくらいでしたか」

 証人「数メートルくらいだと思います」

 弁護人「警察官の方を見ていたのですか」

 証人「はい」

 弁護人「あなたから見て警察官の正面は見えていましたか」

 証人「真正面ではありませんが、左肩がよく見える斜めの角度でした」

 弁護人「男性はどちらの方向を向いていたのですか」

 証人「警察官の方向を向いていました」

 弁護人「表情はどうでしたか」

 証人「無表情だったと思います」

 弁護人「男性は警察官の左肩を触っていましたか」

 証人「どちらかの手で触っていましたが、殴るときは、右手で殴るような感じでした」

 《Gさんは「殴る」と表現しているが、実際にはこの警察官はナイフで刺されている。弁護人はGさんの記憶を質すかのように、加藤被告の動きを詳細に尋ね続ける》

 弁護人「男性が近づいてくる間、あなたは何をしていたのですか」

 証人「(トラックにはねられ)倒れている被害者のことで頭がいっぱいで、そちらの方を見ていました」

 弁護人「その後、自分のお腹の部分に衝撃を感じたということですか」

 証人「はい」

 弁護人「(男が)手に何かを持っているのは見えましたか」

 証人「見えませんでした」

 弁護人「衝撃というのを具体的に教えてください」

 証人「『うっ』となるような、息が詰まるような感じでした。かなりの力で殴られたかのような感じがしました」

 《自分が刺された際の記憶を、詳しく証言するGさん。弁護人はさらに質問を続ける》

 弁護人「事件の全体のことを知ったのはいつごろですか」

 証人「だいぶたってから、新聞やネットを見て何となく分かりました。今もすべては分かりません」

 弁護人「被告から手紙を受け取ったと思いますが、いつごろ読みましたか」

 証人「受け取ってそのまま読みました」

 弁護人「その後、被告の両親からも手紙が来ましたね」

 証人「はい」

 弁護人「あなたはその手紙に返事を書いていますよね。どんな気持ちで書いたのですか」

 証人「この事件に限ったことではないと思いますが、加害者と被害者のいる事件は、何らかの形で加害者と被害者が関わらないといけないと思うんです」

 弁護人「どのようにですか」

 証人「私は、被告がどういう人なのか知らないし、なぜこんな事件を起こしたのか全然分かりません。でも裁判には、『やられたらやり返す』というつもりではなく、どうしてこのような事件を起こしたのかを、どうやったら社会の人に広められるかと思って…。すいません、うまく説明ができないのですが、事件のことが何か分かればと思って、それで手紙にも返事を出したのです」

 《考えがまとまっていないながらも必死に自分の気持ちを話そうとするGさん。加藤被告はうつむき加減のまま。この言葉を、どういう思いで聞いたのだろうか》

 弁護人「被告人に興味を持ったのですか」

 証人「はい。逆に、被告には被害者の生い立ちなど、どんな人だったのかを知ってほしいし、自分のしたことがどういうことなのか分かってほしいです。私の想像ですが、被告は自分のしたことについて、まだ分かってないのだと思います。被害者や遺族のためにも、私に何か役に立てることがあればいいな、と思ったのです」

 弁護人「分かりました。以上です」

 裁判長「それでは証人、長い間お疲れ様でした。退廷してください」

 《Gさんに対する証人尋問は終了し、午後4時、再度休廷となった。加藤被告は、傍聴席に向かって一礼すると、静かに法廷を後にした》

 =(14)に続く

【関連記事】
(12)「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
被害者に証人尋問 「秋葉原殺傷 第4回公判」特集
目撃者が事件再現 「秋葉原殺傷 第3回公判」特集
犯人と呼ぶ弁護人 「秋葉原殺傷 第2回公判」特集
謝罪するネ申 「秋葉原殺傷 初公判」特集

安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災-水戸簡裁(時事通信)
迫るトラック、友人が背中を押し 「自分を救ってくれたと思う」(産経新聞)
シー・シェパードの元船長逮捕へ、監視船侵入で(読売新聞)
<春の陽気>各地で気温20度超える 南から暖かい風が入り(毎日新聞)
建築基準法見直しへ議論開始=今夏めどに報告-国交省検討会(時事通信)

田原氏発言、配慮欠き不適切=さらなる謝罪放送は求めず-BPO(時事通信)

 北朝鮮による拉致被害者について、ジャーナリストの田原総一朗さんがテレビ朝日の番組で「生きていない」などと発言した問題を審議していた放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会(堀野紀委員長)は10日、放送倫理上の問題があったとする見解をまとめた。「拉致被害者の生死という重大な問題について根拠を示すことなく『生きていない』と断定したのは、被害者家族に対する配慮を欠き不適切」などとしている。
 田原さんは昨年4月25日未明に放送された「朝まで生テレビ! 」の中で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんについて「外務省も生きていないことは分かっている」などと話した。
 拉致被害者家族会などが「視聴者に誤解を与えかねない」として同局に抗議。局側と田原さんは文書で謝罪した上、田原さんと担当アナウンサーが5月30日未明の同番組で謝罪した。しかし、2人のやりとりで打ち合わせ不足を露呈。家族会が反発し、同委に人権侵害を申し立てていた。同委は、この放送についても不適切と認定したが、さらなる謝罪放送の必要性までは認めなかった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記「人民に白米を」~
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
貿易会社社長を書類送検=北朝鮮と韓国を無許可仲介

A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
<プルサーマル発電>伊方原発3号機「臨界」に(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 夢は世界最高空間(産経新聞)
児童相談所は役立たず 子供虐待「強制立入」わずか2件(J-CASTニュース)
つきまとい容疑で富山県警警部補逮捕=路上で女子高生に-石川県警(時事通信)

時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承(時事通信)

 民主党は3日午前の法務省政策会議で、犯罪の公訴時効の撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案について、今国会への提出を了承した。これを受け、同改正案は12日の閣議で決定される見通しとなった。
 改正案は、殺人など死刑に相当する罪の時効を撤廃、人命を奪うその他の罪の時効を原則2倍に延長すると定めている。会議では、改正後に長期間が経過した事件の立証も必要となることを踏まえ、「被疑者の権利を守れるよう取り調べの録音・録画(可視化)を早く実現すべきだ」との意見が党側から出た。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
2人強殺で無期懲役=同情余地大きいと死刑回避
弁護側は有期刑求める=2人強殺事件が結審
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相
無期懲役を求刑=「追い詰められた」と死刑回避-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁

<北教組事件>会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず(毎日新聞)
<10年度予算案>衆院予算委で可決 年度内成立へ(毎日新聞)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)
愛子さまご欠席 東宮大夫の会見一問一答(下)(産経新聞)
<アカデミー賞>長編アニメ賞に「カールじいさん」(毎日新聞)

司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開(産経新聞)

 司馬遼郎記念館(大阪府東大阪市)は1日、司馬さんが「アメリカ素描」と「街道をゆく ニューヨーク散歩」の執筆のため、アメリカを訪れた際の取材ノートを報道陣に公開した。スケッチや地図を多用し、絵心がうかがい知れる内容で、2日から始まる企画展で一般公開される。

 公開したのは昭和59年、60年、平成4年に渡米した際の取材ノート計11冊のうち21ページ分。万年筆や色鉛筆を駆使し、赤や青、黄色などカラフルな色使いで事細かに記している。

 セントラルパークのメモには、自筆地図に「ハーレムに接しているため、夕方から夜はさけるべし」と注意事項を記録。街並みや船のスケッチのほか、眼鏡と口ひげが印象的な「感じのいいバーテン」など出会った人々の似顔絵もあった。

 上村洋行館長は「写真で撮るより、絵で描いた方が印象として残しやすかったのだろう」と話している。

奈良妊婦死亡訴訟 「医療体制充実を」大阪地裁が異例の付言(産経新聞)
<伊方原発>プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
安全取り組み国際認証 付属池田小が取得 国内初(産経新聞)
<チリ地震>日赤あて義援金の現金書留は無料に(毎日新聞)

COP10名誉大使にMISIAさん=国連(時事通信)

 国連は1日、名古屋市で10月に開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の名誉大使に、歌手のMISIAさんを任命したと発表した。COP10関連の啓発活動に当たる。
 MISIAさんは、音楽活動だけでなく、途上国の子どもたちが教育を受けられるように支援する取り組みを行っていることでも知られる。 

【関連ニュース】
生物多様性「現状以上に」=国家戦略に中長期目標
鳩山首相、「持続可能な開発」で受賞=温室ガス25%削減目標が評価
条件付き「25%減」を国連提出=温暖化閣僚委で正式決定
生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR-環境省
16日からアジア中南米フォーラム=34カ国が温暖化対策で協力

民主党「七奉行」が会合、参院選「厳しい」で一致(産経新聞)
路上強盗、男3人逃走=ナイフ突き付け衣服も-東京(時事通信)
【ニッポンの食、がんばれ!】米穀店の「ソムリエ」が一役(産経新聞)
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で-地域主権会議(時事通信)
マンガ王国、新潟市へ 試される本気度(産経新聞)

<生物多様性国家戦略>「絶滅の恐れ」増やさぬ 政府改定案(毎日新聞)

 政府は1日、多様な生物の保全と持続的な利用を目指す「生物多様性国家戦略」の改定案をまとめた。20年までに国内で新たに絶滅の恐れのある種が生まれないようにし、50年までに生物多様性を現状以上に豊かにするとの目標を掲げた。10月に名古屋市で開かれる国連の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向け、国内対策を強化する。今月中に閣議決定する。

 環境省のレッドリストによると、絶滅の恐れのある種は3155にのぼる。改定案では、絶滅の恐れのある種が集中する地域をホットスポットとして選定し、地域の人と協力して保全に取り組む。海洋の生物多様性保全を総合的に進めるための「海洋生物多様性保全戦略」の策定や、海洋保護区設定を目指すことなどを盛り込んだ。

 日本の里山のように人が農林業などを通して守ってきた自然について、「SATOYAMAイニシアチブ」として世界に発信。各国で同様に守られてきたが、開発などで失われつつある生態系の保全に役立ててもらう。

 このほか、国連が進めている、生物多様性をめぐる政策に科学的根拠を提案する「生物多様性と生態系サービスに関する政府間プラットホーム(IPBES)」設立に積極的に関与するなど、地球規模での環境問題への貢献を目指す。

 国家戦略は95年に初めて策定され、今回は4次となる。【足立旬子】

【関連ニュース】
生物の多様性ってなに?/1 大量絶滅時代
生物多様性題材にした絵本配布などで環境教育
生物多様性の維持へ現状把握の指針づくり
生物多様性シンポジウム:森や里山、河川の現状は--あす徳島 /徳島
’10なごや・COP10:生物多様性で特設コーナー--24日まで県図書館 /愛知

戸別訪問
子宮頸がんワクチン、公費助成を=女優仁科さんら実行委設立(時事通信)
「電子制御装置」に欠陥あるのか トヨタ車の急加速・急発進で疑念(J-CASTニュース)
振り込め詐欺、だまされたふり作戦で1日2人逮捕(読売新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)

<雑記帳>センバツ出場の東海大望洋を森田千葉県知事が激励(毎日新聞)

 今春の第82回選抜高校野球大会で春夏通じて甲子園に初出場する東海大望洋(千葉県市原市)のナインが24日、県庁に森田健作知事を訪ね、「初出場初優勝を目指して頑張ります」と抱負を語った。

 坂本拓弥主将(2年)ら選手18人が順番に自己紹介すると、かつての青春スター、森田知事は「輝かしい青春の汗を思いっきり流してきてくれ」と、水を得た魚のように弁舌さわやかに激励した。

 県職員の不正経理など、とかく悪い話の多かった昨今。「剣道をやっていたが甲子園には行けなかった。おれも連れていってくれよ」。選手の姿を見て青春の舞台に戻りたくなった?【黒川晋史】

【関連ニュース】
千葉県警:不正5億7000万円に 6年間で
千葉不正経理:部下がカンパ? 70万円返還義務の幹部
千葉県不正経理:自分の返還金「カンパを」 一部幹部、部下に要求?
千葉県不正経理:県警不正、6年間で5億7000万円に
第82回センバツ高校野球:東海大望洋初出場 森田健作知事らの話 /千葉

捜査員の目前で下半身露出 公然わいせつ男を逮捕(産経新聞)
<雑記帳>「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
SteelSeries
コンビニ強盗未遂で男子高校生ら2人逮捕 大阪(産経新聞)
自民が教員の政治活動規制法案を提出へ 北教組の違法献金事件受け(産経新聞)

四倉パーキングエリア

四倉パーキングエリア(よつくらパーキングエリア)は、福島県いわき市の常磐自動車道上にあるパーキングエリアである。いわき四倉IC - 広野IC間の開通と同時に供用開始された。道路常磐自動車道施設上り線(三郷・水戸方面)常磐道の茨城県外で唯一売店があるエリアである。駐車場大型 15台小型 15台トイレ男性 大2(和式1・洋式1)・小4女性 6(和式5・洋式1) 同伴の男児用 1車椅子用 1スナック(7:00~20:00)ショッピング(7:00~20:00)自動販売機下り線(常磐富岡方面)常磐道下り線では現時点で最終のPAとなる。駐車場 大型 15台小型 14台トイレ 男性 大2(和式1・洋式1)・小4女性 6(和式5・洋式1) 同伴の男児用 1車椅子用 1隣常磐自動車道(17)いわき中央IC - 四倉PA - (18)いわき四倉IC関連項目日本のサービスエリア・パーキングエリア一覧外部リンク東日本高速道路株式会社e-NEXCOドライブプラザ サービスエリア・パーキングエリア情報 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%80%89%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2」より作成カテゴリ: 日本のサービスエリア・パーキングエリア よ | 東北地方のサービスエリア・パーキングエリア | トイレのみのサービスエリア・パーキングエリア

民主、自民、公明3党、29日に首相の施政方針演説(産経新聞)
<夕張>赤字解消30年を24年で 一部事業先送りで短縮(毎日新聞)
長井先生、昭和基地から「南極授業」(読売新聞)
162点が銀座被害品と一致=香港で起訴の男ら、直後に出国-警視庁(時事通信)
<選択的夫婦別姓>法務省が改正案概要 法相「覚悟決める」(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。